So-net無料ブログ作成

「宇宙戦争」 [映画:SF・アクション]

宇宙戦争

宇宙戦争

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/07/07
  • メディア: DVD

7.5点

 
レンタルで「宇宙戦争」を借りてきた。
話の大筋は原作を読んでいて知っていたので、冒頭の部分では「あっ!」と思った。
前半、パニック映画としては、とても良くできている。
不気味な前兆現象、襲い来る宇宙人、破壊される街並み、逃げ惑う人々・・そういうのが、迫力満点で映像化されている。
SF映画はお金かけてると違うなぁ・・とか思ってしまった(^^;)。
後半近くまで侵略者の恐怖と、それに対して有効な手を持たない人類の無力さを上手く描き出し、緊迫感溢れる展開になっていて感心。とにかく、怖くてドキドキする。
しかし、ラスト近くになって、アメリカ映画というべきか、「人間もやられてばかりじゃない!」というフューチャーを入れてしまった為、今まで凶悪に強かった侵略者の「何でこんなことでやられちゃうの?」的な変な弱さが露呈。
また、大団円に持ち込もうとして、ご都合主義的な展開が続くのにもガッカリ。
何となく、前半パニックシーンがすばらしいが、主人公を巡るストーリーはご都合主義で突っ込みどころ満載だった「デイ・アフター・トゥモロー 」を思い出してしまった。
というように後半ちょっと残念な展開になるが(あまりの展開に、もしかしてこのシーンは登場人物が見ている夢か??と思って見てしまった(^^;))、それでも、侵略者の恐怖を上手く映像にした作品であり、パニック映画などが好きな人なら楽しめると思う。 
それにしても、大阪人はどうやってあのロボットを倒したんだろう??気になる~!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。