So-net無料ブログ作成

「戦国自衛隊1549」微妙・・・ [映画:SF・アクション]

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: DVD
  • 6.5点
 
戦国時代にタイムスリップしてしまった自衛隊員達を描いた話。
1979年に作られた「戦国自衛隊」の完全なリメイクかと思ったら、自衛隊がタイムスリップする部分は同じだったが、その後、他の隊が救出に向かうなど、かなり違う話で、びっくり(^^;)。
 
序盤、過去からタイムスリップしてきた侍が、主人公に会いに来る部分は、唐突で笑ってしまった。
この部分を見た時、この映画はダメダメかも(>_<)と思ったのだけど、予想ほど酷くなくて逆にホッとした。
 
ただ、どう評価していいか悩んだのは確か。
駄作というほどではなく、そこそこ人間ドラマもあり、そこそこ緊迫感もあり、という感じで楽しめたのは楽しめたのだが、全体的にコジンマリし過ぎていたという気がする。
 
公開して間もなく見たため、見たのが20年以上前、今見たら面白いと感じるかわからないのだが、前作「戦国自衛隊」を見た時に強く感じた、歴史の中に取り残される孤独感とか、切なさとか、そういうのがなかったのだ。
 
ストーリーがかなり違う為、それを期待して見たということ事体、間違いだと思うけど、その期待感が無くても、やっぱり「うーーーん、駄作ではないが、佳作とまでも行かない」と思った気がする(^^;)。
 
「戦国自衛隊」の映画をもう一度見直したくなってしまった。今でも面白いと思って見れるかなぁ??

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

黒猫

千葉先生版をつい最近見直した男がここに一人(笑)

そうなんですよ、特撮は進歩したし、アクションもけれん味があってエンタメとしては決して悪くないんですが、旧作の孤独感が著しく欠如しているんですよね。
仲間を守る為、歴史を守る為・・・という大義名分も悪くは無いんですが、やっぱり前作のただもうひたすらサバイバルという悲壮感程は心を打ちません。

むしろこれなら漫画版の戦国自衛隊2の方が、絵はちょっとアレですけどもストーリー的には面白かった気がします。ただ、敵の東軍側に米軍が協力して・・・と言う話なので、映画にすると色々問題がありそうですが。
by 黒猫 (2007-04-24 21:28) 

choko

黒猫さんも、前作指示者でしたか(^_^)。

うんうん、前作は全体に悲壮感が溢れてましたよね~。
特に、ラストの盛り上がりは、いまだに場面が思い出せるほどインパクトがありました。

「戦国自衛隊2」なんていう漫画があったんですか。知りませんでした。
米軍まで参加とは、スケールが非常に大きくなってますね(笑)。
絵が「アレ」というのが気になりますが(^^;)、見つけたら読んでみます。
by choko (2007-04-24 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。