So-net無料ブログ作成
検索選択

「地球が静止する日」キアヌはかっこよかったけど・・・・ [映画:SF・アクション]

キアヌ主演の「地球が静止する日」を見てきました。

キアヌが侵略者の宇宙人役&主人公なこの作品。

巨大な球体が空から降りてくる予告がかっこよかったのと、「地球が静止する」ってどうなるのo(^o^)oワクワク!と見に行ったんだけど、期待外れでした~(>_<)。

地球に衝突し、地球を破滅させると思われた小惑星は、実は巨大な球体だった。
地表に降り立ったその球体の中から、1人の異性人が。
しかし、彼の肉体は地球人そのものだった・・・。
「地球を救うためやってきた」という彼の意図は?

ポスターに「 インデペンデンス・デイ 」「宇宙戦争」「デイ・アフター・トゥモロー 」を越えたとかそんなキャッチが書いてあったけど、この3作と共通するところが多い気がする。
「インディペンデンス・デイ」は見てないけど、残り2つの特徴、最初がものすごく壮大、しかし、その後は、大幅にスケールダウンして、登場人物個人を追ったストーリーになってしまう・・・・というのを、この作品もしっかり持ってる。

地球の危機なのに、ダラダラと主人公であるキアヌ扮する宇宙人と、科学者であるヒロイン、そしてその子供とのストーリーが続く。
緊迫感はあまり無いし、説得力もあまりない。

その上、「宇宙戦争」「ディ・アフター・トゥモロー」に比べて、スケールダウンが激しく、「地球の危機感」がほとんど伝わってこない。
テレビニュースで、地球各地のパニックが放送されるだけ・・という扱いだったからかもしれない。

それに「地球は静止しない」というか、自分が想像していた「自転が止まっちゃう」というような設定は全くなかった。 「地球最後の日」という、地球が他の惑星にぶつかって本当に壊れちゃうSFが好きだった私は、そういう壮大なノリを期待していたので、ガッカリ(>_<)。

「地球を救うため、地球を破壊する人類を滅亡させる」というフューチャーも、宇宙人の性格付けが曖昧不可解で、生かされていない。
地球人は、宇宙のウィルス・ばい菌であると判断した宇宙の免疫抗体「宇宙怪獣」が、情け容赦なく(感情がないから)、地球人を殲滅しようとする「トップをねらえ」の方が、ストイックで何倍も面白かった。

ということで、この映画でよかったのは、キアヌがかっこよかったこと、20世紀少年のトモダチを連想させるロボットがでてきたこと、昔昔読んで好きだった「無限アセンブラ 」のナノマシンの恐怖みたいなフューチャーがあったこと・・・くらい。

「宇宙戦争」「ディ・アフター・トゥモロー」が大好きな人、大画面でキアヌのかっこよさを堪能したい~って人なら、劇場で楽しめると思う。
そうじゃない人は、レンタルで充分かも。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

コステロ

昔『Dr.スランプ』で、「女湯をのぞく」と言う目的のため
千兵衛さんが時間停止機を作ったは良いものの、
起動と同時にすべての時が止まってしまい
千兵衛さんたちも動けなくなってしまった、
…と言うハナシがあったのを思い出しました。

何処かの誰かが時間を止めても、
その間、自分の身の回りに何の変化も生じなければ
再び時間が動き出した後には
「時間が止まっていたこと」に気付かないでしょうね。

そう考えると今この瞬間にも
実は時間が止まっていたのかもしれません(笑
by コステロ (2008-12-27 11:09) 

choko

二次元の世界の人間が、三次元の世界を認識できないように、三次元の世界の私達が四次元の世界を認識できない・・なんて話を思い出しました。

時間っていうのも不思議ですよね~。
四次元では時間がみえるなんて説もあったような。
ドラえもんだと、周囲の時間が止まっても、自分達は動けたりするんですが、「Dr.スランプ」の方が理にかなってますね(笑)。
by choko (2008-12-28 14:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。