So-net無料ブログ作成
検索選択

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見てきた! [映画・特撮・アニメ]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」と、深夜テレビ放映中のエヴァを見て、
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見たい気持ちがとても強まったので、遠出して見てきました。

感想はというと、いろいろ思う事もあったけど、面白く見られて満足!!

「序」がテレビ版のダイジェスト版ぽかったのと違って、
「破」はほぼオリジナル
多少、台詞や短いシーンなどにテレビ版を思わせる部分があったけど、
最初から別ストーリーになってました。

「序」を映画公開時に見ず、先日のテレビ放映で初めて見たため、ブランクなし
「序」「破」と立て続けにみたので違和感も。

テレビ版のエヴァというのは、どんどん謎の風呂敷が広げられていって、
「これをちゃんとまとめられるの??」っていう不安と期待がいつもあったんだけど
(結局、まとめられず破綻したわけだけど)、
「破」は、ストーリーが固まっているようで、話しの大きな流れが見え、
そういう不安や期待を感じる部分がなかった。
「序」はテレビ版の先の見えなさを引きずっていたので、
「破」との違いが気になる結果に。

不安や期待部分というのは、エヴァの魅力でもあったので、なくなってしまって残念ではあるけど、
また破綻してもしょうがないので、これはこれでしょうがないのかな・・。

シンジ・アスカ・レイの3人のキャラクターも、不安定でブレがあったテレビ版に比べ、
ストーリーに沿った性格付けがされ、エピソードが盛り込まれていて、
よく言えば安定、悪く言えば「よくあるキャラクター」になってしまっている。

不安定なキャラクターであったが為に、リアルに感じる部分もあり、
またストーリーの先読みができず、想像力が刺激され、
期待感も膨らみやすかったテレビ版エヴァ。

ストーリー的にも、キャラクター的にも、テレビ版のエヴァの魅力でもあり、
難点でもある部分が、「破」ではなくなっていた。
しかしそれ故、ストーリー的にまとまった作品になっていたのも確か。
終盤にかけての盛り上がりは、映画としてかなり面白く見る事ができたし
次の話も期待していいかな??

カオル君は、ちょっとしかでなかったけど、次回作では
たくさんでてくれそうだし♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。