So-net無料ブログ作成
検索選択

「インシディアス」監督ジェームズ・ワン:引っ越した家で起きる怪奇現象 [映画:ホラー・サスペンス]

映画の日の1日、突然友人から「行こう!」と誘われて「インシディアス」を見てきました。
私の仕事が無い日をよく覚えてたなーと感心しつつ、友人に「映画OK!」の返事を出すと、
「わー、仕事無いの?誘ったタイミングよかったんだ。私ってすごい!」と、
友人から自画自賛の返事が来た(笑)。

SAW」(リンク先感想)の監督ジェームズ・ワンと、脚本のリー・ワネル、
プロデューサーが「パラノーマル・アクティビティ」(リンク先感想)のオーレン・ペリなどが参加。

新居に越したルネとジョシュ、そして3人の子供達。
しかし、その家には「何か」がいた。
そして、屋根裏部屋のハシゴから落ちた長男ダルトンが意識不明に。
その後も怪異は続き、怯えたルネは、あることを決意するのだが、時既に遅く・・・。

「SAW(ソウ)」のイメージは全く無く、「パラノーマル・アクティビティ」のカラー濃厚。
雰囲気は良かったけど、盛り上がりどころが無かった「パラノーマル・アクティビティ」に、
メリハリをつけて、まともにした感じ。
ストーリーは古典的で目新しさは無いけど、幸せな家族を襲う、
「見えない何か」の恐怖を楽しめる映画で、思ったより面白かった。

序盤は、ジャパニーズホラーを思わせる、「見えない何か」の怖さがよく出てます。
何かがいる雰囲気や、何者かの影、不気味な声、音などで、雰囲気満点。
何度か「ドキッ!」「ビクッ!」としてしまった。
「怖い」というよりは、「ビックリ!」要素が強いけど。
ショッカー映画によくある、「何か起こりそうな雰囲気→肩叩かれただけ」、
みたいな展開は無いので安心を。

何者かの正体が徐々に明らかになる後半は、ちょっと面白さダウン。
心の中で想像している「見えない何か」を、超える映像って難しく、
映像としてはっきり出ちゃうことでちょっと、興ざめしちゃう部分が。
3人いた子供の内、ストーリーに関わってくる1人を除いて、
出てこなく(どこかに預けられた設定?)なっちゃうし。
霊の調査員達の登場を面白がれるかで(この辺で少しテイストが変わるので)、
評価がかなり別れそうな気も。

でも、「パラノーマル・アクティビティ」のように、「ええ?これで終わり?」感はなく、ちゃんと話は展開。
霊の調査員二人(一人は脚本もやってるリー・ワネル)は、いい味出してるし、
子供を助ける為奮闘する家族という要素もいい。

音楽や音の使い方がとても上手く、劇場で見ると、その効果の大きさをすごく感じた。
ただ、映像に迫力があるわけではないので、トータルで見ると、ビデオで見るので十分!かな?
ビデオレンタルなら、十分満足できる内容だと思います(^_^)。




ちょっとネタばれ(反転で読めます)

霊がいっぱい出てくるんだけど、大物は「悪魔」ってのが違和感。 日本の幽霊話に、鬼や妖怪が出てくるような感じで。 私としては、悪魔より霊の方が怖いと思うんだけど、その辺は価値観の違いか? 作中の中で、悪魔と霊の怖さの違いもはっきりしなかったし。 「エクソシスト」みたいに、悪魔を中心に据えて、その怖さがわかるような展開なら、悪魔でもいいんだけど。 後、霊がどうしてもゾンビみたいになっちゃうのが惜しい。 「リング」の貞子とか、「呪音」の霊みたいな不気味さが無い。 はっきりするまでは、おどろおどろしい感じで、面白かったんだけど、 霊がはっきり出てきちゃうと、見た目も動きもゾンビっぽくて、怖くない。 闘ったりできちゃうし(^^;)。 そういえば、キリスト教は「幽霊」の概念が無いと聞きました。 「霊」=祟り・呪いなどとそのまま結びつきやすいジャパニーズホラーの怖い幽霊のイメージと、 欧米の霊の怖さが違うのはその辺も関係があるのかな? イタリアとかでは幽霊の話すると大笑いされるとか。 でもイギリスなんかは幽霊の話いっぱいありますよね。 同じキリスト教国でも、かなり違うようなのが不思議。 まぁ仏教国でも違うので、その国ごとの伝承などの影響も大きいのでしょう。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

コステロ

買った家とか引っ越し先とかで怪現象が!なんて設定の場合、
荷物とか家具とか、全部ほっぽり出してでも
「とりあえず逃げろよ!」とかって思っちゃうんですケドね(笑

なんでわざわざ謎を解明しようとしたり、
抵抗を試みちゃったりするんだろうか、って(笑

「ん?おかしいな?・・・・・・・気のせいか」
とか言ってないで、とっとと逃げろよ!って。
どんなしたって、どーせ手に負えないシロモノなんだから(笑
by コステロ (2011-09-04 09:39) 

choko

コステロさん

ふふふふふ、この映画、コステロさんが思ったようなつっこみ
(私もいつも思ってた)に、ちゃんと答えてる映画なんですよ~。
そういう意味ではちょっと目新しかったです♪
by choko (2011-09-04 12:14) 

コステロ

サスガに21世紀にもなって、
そんなツッコミされるような作品は作りませんか(笑
by コステロ (2011-09-06 11:57) 

choko

コステロさん

いやいや、ホラー映画を甘くみちゃいけませんぜ!
本来、そういう突っ込みどころ満載なのがホラーってものです(笑)。
22世紀になっても、同じようなツッコミができるホラー映画が作られてるでしょう♪
by choko (2011-09-06 13:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。