So-net無料ブログ作成
検索選択

町田市立国際版画美術館:「浮世絵-国芳から芳年へ」を見てきた♪ [美術展・博物館等]

町田市立国際版画美術館美術館と美術館のある公園についてはこちら)で
2012年3月3日(土)~4月1日(日)まで開催中の「浮世絵-国芳から芳年へ」を見てきました。

ukiyoetirasi.jpg
ukiyoetira2.jpg

幕末に活躍した歌川国芳。
「武者絵」で有名ですが、「美人画」「妖怪画」西洋から影響を受けた説話もの・・・・など、
多才で、アイディアに富んだダイナミックな作品も多い浮世絵師です。

芳年は、歌川派の国芳に学んだ後、月岡派の跡を付いだらしく月岡芳年と、月岡を名乗っています。
が、その初期の作品には、国芳など歌川派の影響が感じられます。
しかし、「血まみれ芳年」と呼ばれるようになった、戦場を舞台にした無残絵でも有名。
「風俗三十二相」より「つめたさう」「あいたさう」「にくたしさう」など、各階級の女性を、
その心情もあわせて描いた美人画の数々は、綺麗だったし(浮世絵の美人画っていいですよね~♪)、
ちょっとした表情仕草で、感情が伝わってくるのも面白かった。

全部で124点の浮世絵が展示されていました。

国芳の妖怪画は好きなので、それがほとんど無かったのは残念だったけど(芳年の無残絵は
かなり展示されてました)、それほど混んでおらず、じっくり一つ一つの浮世絵を見ることが
できたのはすごく良かった。

パッと見には似た傾向に思える(顔が似ている為)、国芳と芳年の作品も、
線の太さ、勢い、着物の柄の表現の違い・・・など、近くで見ることで気がつく違いがたくさん。

後半の作品に使われている「赤い色」がとても鮮烈になったのも印象的。
以前、読んだ本に、開国によって新しい顔料が入ってきた為、青や赤などの色味が変化した話が
書いてあったんだけど、実際見ることによって、顔料の変化の作品への影響を実感することもできました。

「これも版画なんだ!」と思えるほど、細い線で細部まで表現されているのには感心。
デッサンが多少狂っても思い切った構図、シンプルで構図重視の浮世絵など、
展示されている浮世絵のバリエーションも豊富。
基本はシンプルな線で描かれる浮世絵というのは、漫画に通じるものがあるなーとも。
その他、新しい発見がいろいろあって、とても楽しめました(^^)。

休日でもそれほど混んでいなかったので、のんびりじっくり鑑賞できたのもいい♪
この機会に浮世絵を堪能してみてはどうでしょう(^-^)ノ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。