So-net無料ブログ作成
検索選択

上野の森美術館「ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実」に行った♪ [美術展・博物館等]

上野の森美術館で開催中の「ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実」に行きました♪
開催期間は2012年8月4日(土)~12月9日(日)まで。

ツタンカーメンの内蔵を入れた4つの「棺形カノポス容器」の一つが今回の目玉。
副葬品の黄金の短剣や黄金の襟飾りなどの宝飾品、ツタンカーメンと王妃アンケセナーメンとの
間にできたと思われる胎児のミイラが収められていた木棺やカルトナージュマスク、
ツタンカーメンの立像、曾祖母チュウヤの棺、アクエンアテン王の巨像頭部・・・etc、
様々な展示物が。

すっごく混雑しているようで、整理券が配られるけど、整理券を貰うにはチケットが
無いとダメということで、事前にチケットを購入。

開場9時30分だったので、平日9時ちょっと過ぎ上野の森美術館の到着。
tutan-gyoretu.jpg
大行列ヽ(lll゚Д゚)ノ!!
画像で見える人の数倍の長さの行列になってました(蛇行しながらもっと先まで並んでいる)。
そしてチケット売り場も大行列!

しかし、開場時間が近づくと、列はどんどん動き9時40分ほどには中に。
チケット売り場の混雑もかなり収まっていたよう。
そして、この時間に来た人には、1時間後入場の整理券が配られていました。

最初に簡単な説明を受け、2~3分ほどのビデオ(どうでもよい内容だった(^^;))を見せられ中に。

エジプト展は初めてだったけど、面白かった!
いろいろなものに刻まれているヒエログリフが思っていた以上に良くて、練習したいと思ってしまった。
ヒエログリフを書いてみよう読んでみよう:古代エジプト文字への招待(新装版)」みたいな本が出てるし。

様々な石で飾られた金の宝飾品、細かい造形のイスや陶器、リアルな石像や巨大な石像の頭・・・
とにかく紀元前1500年前後、日本ではまだ縄文時代だった頃に、
これらの物が作られていたという事に感服。

目玉である「棺形カノポス容器」も、造形が細かく、細部まで手が加えられていて見応えがありました。

美術館内は混雑していたけど、絵画ではなく立体な物がメインなので、
左右後ろなどからも見ることができ、思ったよりじっくり見ることができました。

古代エジプト文明に触れることができる「ツタンカーメン展」、9月30日までは、
10月1日~12月9日まで入場できる前売り券が売っているので、
10月以降に行く予定の方は、ゲットしてもいいかと思います(^^)。

「ツタンカーメン展」の前売り券には、オリジナルグッズとの引換券がついてきて、
「ツタンカーメンの黄金のカノポス オリジナルミニ・フィギュア」(現在無くなってしまったよう)
「ツタンカーメン展ハローキティ・オリジナルクリアファイル
「ツタンカーメン展タカアンドトシ・オリジナルクリアファイル」
の3種類のどれかと交換できました。
「黄金のカノポス ミニフィギュア」が一番良かったけど、息子が喜びそうな、
tutan-clearfile.jpg
「タカアンドトシ・オリジナルクリアファイル」にしてしまった(^^;)。
あまり喜ばなかったけど・・・・。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

コステロ

タカアンドトシ良いっすねぇ!

ツタンカーメン展にはさほど惹かれるモノはありませんが、
このクリアファイルにはビンビン来ます(笑
by コステロ (2012-09-10 06:58) 

choko

コステロさん

おおっ、さすがコステロさん、目の付け所が違います!!
実は私も、ツタンカーメン展なんかより、タカトシのクリアファイルの方に、
感じるものがあって、ついつい画像を載せちゃいましたよ(笑)。
その気持ちをチャッチしてくれるとは(笑)。
「俺だ!俺だ!俺だーーー!!!」とか、トシが警官姿とか、
ツタンカーメン展と関係無いことをやってるのが素晴らしいですよね!!
後で、クリアファイルの画像実寸大で100枚ぐらい送ります(*^.^*)!
堪能してやって下さい(笑)。
by choko (2012-09-10 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。