So-net無料ブログ作成

六本木ヒルズ:「ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」を見てきた♪今までと違うミュシャの一面を知った! [美術展・博物館等]

2013年3月9日(土)~5月19日(日)まで六本木ヒルズ
森タワー52F「森アーツセンターギャラリー」で、「ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り」が
開催されてます。

musya-tira2.jpg
アルフォンス・ミュシャと言えば、アール・ヌーヴォー!
花や植物のモチーフと曲線を多様した、うっとりするほど優美な装飾美は、日本でも人気があります。
線で輪郭をしっかりとった図柄は少女漫画っぽいというか、逆に少女漫画家には、
ミュシャの影響を受けたんじゃないかと思われる人も多い。

10代の頃ミュシャ展に行って、印刷されたものと、実物を見るのとでは、全く違うんだ!
って事を、すごく認識したので、思い出深いアーティストでもあります。

で、ミュシャは、女優の宣伝ポスターで有名になった人であり、他にも宣伝用のポスターがいろいろ。
ステキな女性と天使のような赤ちゃんの絵が、ベビーフードの宣伝のものだったり、
絵から受ける神々しさと、実際の目的の俗っぽさに愕然とすることも(^^;)。

キレイで、うっとりするアート、それが私のミュシャのイメージで、
実際、ミュシャも「美は善、美で大衆を啓蒙し、彼らの生活を豊かにする」ということを理想としていたよう。

よく知られている、そして、私のミュシャのイメージでもある、美しい女性と優美な装飾の絵は
その気持ちをそのまま体現したものな気がします。

myusya-postcard.jpg
買ってきたポストカードの図柄もそんな感じ。
他にも好きな作品のポストカードがあったけど、縦長サイズだった為、
そちらは諦め(飾る時、フレームに入らないので)。
ちなみに右上の絵は「タバコの巻紙」の宣伝ポスター。

ところが、ミュシャには、私が全然知らなかった一面が。

misya-tira1Image15.jpg
こちらは、ミュシャ展の案内に使われている「ヤロスラヴァの肖像」。
娘さんがモデルだそうです。
ここでは、優美な装飾美は陰を潜めています。

ミュシャが晩年、力を入れたのは、「スラヴ民族は一致団結しながら他民族との共存に努め、
究極的には人類の平和に貢献するべきである」という思想の体現。
その目的の為に超大作「スラブ叙事詩」の制作に20年近く勢力を注いだそう。
「スラブ叙事詩」は、スラブの栄光と悲哀の歴史を描いたもので、
共通の歴史認識を持ってまとまろうという目的があったとか。

一時期はオーストリアに支配されていたチェコ人であるミュシャが、スラブ民族統一というのを
意識していたのは、わかるんだけど、「スラブ民族」ってどうにもイメージしにくくて、
具体的にはピンと来ない。

ロシア、チェコ、スロバキア、ウクライナ、ポーランド・・・スラブ民族の国はすごく多いし、
共通の文化的特徴はあるんだろうけど、チェコと、スロバキアが分裂したように、
その差は、かなり大きいんだろう・・と思えるし。

アラブ諸国がまとまろうとして失敗した「アラブ連合構想」とか、そういうのに近いのかな??

ということで、ミュシャの晩年の活動内容は、具体的には内容が把握できなかったけど、
それでも、優美で、ある意味商業主義的なイメージがあったミュシャの違う側面を知ることができる、
美術展のサブタイトルにもなっている「あなたが知らない本当のミュシャ」を知るきっかけになる、
興味深い美術展でした(^^)。

リトグラフだけじゃなく、水彩、油彩、習作、アクセサリーなど、いろいろ見られたのも面白かったし。

ミュシャの美しいアートを、堪能できる美術展でもあるし、大きなポスターは、
本に印刷されたものとは、全く違った魅力があり、詳細は抜きにして見るだけでも楽しめる美術展です♪

そういえば、「森アーツセンターギャラリー」の入り口を探してウロウロしてしまった。

ropoongihills.jpg
これは六本木ヒルズの中央にある森タワー。
ここの52Fにあるんだけど、入り口は別。

hills-bizyutukaniriguti.jpg
森タワーの脇にある、入り口。
そこの螺旋階段orエレベーターを登り、画面右中央に見えている連絡通路を通り、森タワーの中に。
チケットを買うと、エレベーターホールに案内され、係員の指示に従って52Fまで直通でGO!
高速エレベーター、登りも下りも、耳がキーンとしたよ。

hills-myusyairiguti.jpg
エレベーターを降り、展望台(チケット必要)などがあるフロアの一角が、ミュシャ展の場所。

hills-aidaposter.jpg
サイケでグロテスクな「会田誠展」もやってたけど、
ミュシャ展の後、続けてみる根性も時間もなかった。
画像はわかりにくいけど、リカちゃん人形の首がいっぱいあるみたいな絵。
無理しても、見てくればよかったかな~。

hills-kumo.jpg
森タワーの脇にある、「巨大クモ・ママン」。
何故蜘蛛??

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。