So-net無料ブログ作成
検索選択

「坂本ですが?」2巻発売!「このマンガがすごい!2014」オトコ編2位にびっくりしたw( ̄△ ̄;)w! [本:コミック]

坂本ですが? 2 (ビームコミックス)

坂本ですが? 2 (ビームコミックス)



何もかもがスタイリッシュ、いじめを受けても、早弁しても、スーパーで試食を食べてても、
耽美っ!!
って、坂本が主人公な「坂本ですが?」。

最初はこのセンスについていけなかったんだけど(1巻の感想はこちら)、
気持ち悪いを通り越して、何故か惹かれるものがあり、読んでます。

ただ、この独自のセンスを受け入れられたかというと、そうではなくて、
読んでると、背中がオゾオゾするというか、気恥ずかしいというか、そういう感覚がつきまとい、
「これは誰に勧めていいかわからないマンガだなぁ。読んでみて、受け入れられる人だけお勧め」
って思ってた。
その作品が・・・・「このマンガがすごい!2014」のオトコ編2位(1位は「暗殺教室」)になってて、
びっくりw( ̄△ ̄;)wでした~!

話題にはなってたけど、かなりのキワモノ、一部の人にだけ受けてるかと思ってたら、
そのキワモノぶりが支持されたのか?

それとも、耽美な坂本に惹かれる人が多いのか??
坂本の、スーパーの試食コーナー巡回を、「まるで立食パーティーのような」(キラキラしてる)と
例える、そういうセンスについていける人は多いのか??

この本を読んでると、ファッションの流行りとか、人気のアイドルとか、価値観は集団によって
作られる・・・・とも思ってしまいます。

ファッションには、「何故これが流行った??」と思うものがあるけれど、
どんな変なファッションでも、その時大勢の人、もしくはまとまった人が支持すれば、
「おしゃれ」になる。
それが狭い集団であっても、それに属していれば、価値観は変わる。

「坂本」も、その辺にいたら、絶対頭がおかしい人だけど、坂本の通う高校では、女生徒の憧れの君。
どんな変な姿も、「キャーーー!!ステキーーーーー!」と騒ぐ集団の中にいれば、感化されるかも・・・
なんてことを思いつつ、2巻を読みました(^^;)。

及川光博が、昔やってた「ミッチー王子とベイベー」のノリも、傍から見れば、
「坂本ですが?」と同じなのかなぁ。
私は、ミッチーが好きだったから、全然気にならなかったけど(^^;)。

まぁ、キワモノですが、「このマンガがすごい!2014」の2位なので、
思ってた以上に、多くの人が大丈夫ならしいので、気になった方は読んでみて下さい(^-^)ノ。
2巻の初回限定付録に「裏が坂本の目になってる紙定規」がついてました(^^;)。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

ちょび

「キワモノ」支持だと思います。うちの中学生がそうだし、たぶんその湯人もそうです。

わたしは読んでいて寒かったですけど・・・「いやー。ぎやー」って声をあげてしまいます。
by ちょび (2013-12-13 17:41) 

choko

ちょびさん

キワモノ支持、思った以上に多いんですね~(^^;)。

>「いやー。ぎやー」って声をあげてしまいます
この気持ちわかります。
背筋が寒くなるような「痛さ」がありますよね。
きっと、それが魅力にもなってるんでしょうけど(^^;)。
ある意味新しいし。
by choko (2013-12-13 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。