So-net無料ブログ作成
検索選択

「ゼロ・グラビティ」アルフォンソ・キュアロン監督:宇宙の美しさ、そして怖さを描いただけじゃない!感動の傑作O(≧▽≦)O! [映画:SF・アクション]

宇宙空間の恐ろしさを描いた「ゼロ・グラビティ」。
この作品の監督アルフォンソ・キュアロンの子供がいなくなった世界を描いた
トゥモロー・ワールド」が、ものすごく好きで、見た時は恐ろしいほどに感動したので、
こちらも見に行ってきました♪

宇宙空間で作業中、人工衛星の欠片が衝突したことにより、宇宙空間に放り出されてしまった
医療技師ライアン・ストーン博士と、作戦リーダーのマット・コワルスキー。
その上、ライアンの酸素の残りは少ない・・・。
宇宙ゴミの衝突でシャトルが壊れてしまった為、宇宙ステーションを目指すが・・・。

映画を見るまで、船から不用意に海に入り、船に上がれなくなってしまった人々の
恐怖を描いた「オープン・ウォーター」(リンク先感想)のように、
無重力空間にポツン・・と取り残される状況を、延々と描いた作品かと思ってたら、違ってました(^^;)。

宇宙空間での漂流、ステーションへの帰還の難しさ、船内でのトラブル・・・etc、
描かれるシーンはどんどん変化。

「緊迫」と「つかの間の安心」の繰り返しで、全編緊張感溢れる作りになってます。

重力が無いということだけでなく、酸素も無く、温度も極端で、
生き物が生存できない世界が持つ不安感、そしてそこに取り残されるという怖さが、
ジワジワと、そして状況によってはガツンっと伝わってきます。
「地球自体」は、簡単に壊れないけど、宇宙空間で「地球」の役目を果たしてくれる
「宇宙船」は、簡単に壊れてしまう。
「地球最後の日」など、地球が完全に無くなるお話はありますが、
生存するための絶対的な存在が失われるという絶望感、虚無感が簡単に襲ってくる宇宙。
無重力で、空気も無い空間では、方向を変える為にも、ジェット噴射などの機動力が必要。
エネルギーが切れれば、方向転換はおろか、止まることすらできない・・・、
また慣性の法則で、減速手段が無ければ、ステーションなどに戻ろうとしても、
移動しているスピードで激突してしまう・・・。
そういう宇宙の人間の力だけではどうにもならないという怖さ、恐ろしいほどの孤立感と
対比するような、宇宙空間から見る地球の美しさ、雄大さ。
この美しい映像だけでも、劇場で見る価値があったと思いました。

ただ、アルフォンソ・キュアロン監督作品なだけあって、それだけを伝える作品ではありません。
思ったより話の展開・メリハリはあったけど、全体的を通しての話は地味。
この監督の作品は、ストーリーを見るのではなく、ある状況下に置かれた人々の、
行動や気持ちを通して、人間の悲しさ、切なさ、優しさ、美しさ、
そして人生や生きる事についてまでが、じんわりじんわり伝わってくるのが魅力なのです。

「トゥモロー・ワールド」も、「何故子供がいなくなったのか」の原因究明ではなく、
「子供がいなくなった世界に生きる人々」や「その状況で妊娠した女性」を通して、
「人間」というものを描いたすばらしい作品。

この映画も、「宇宙空間」という、私達が生きる現実とはかけ離れた世界を見ることで、
強く強く感じられるのは、身近にある些細な幸せだったりします。

展開も早く、恐怖に近い緊迫感満点、それなのに、心底感動できるこの映画。
宇宙の美しさ、怖さを実感する為にも、できれば劇場で見るのがお勧めです(〃∇〃)♪

この映画の原題は「グラビティ(重力)」。
日本語のタイトルを「ゼロ・グラビティ(無重力)」にしてしまったことに対するセンスのなさを
嘆いている記事を先日読んだけど、確かにこの映画のタイトルは「グラビティ」であるべきだっ!
と実感できる映画でもありました♪

登場人物は基本、2人だけ。
主演のサンドラ・ブロックの1人芝居が続く映画ですが、サンドラ・ブロックの名演にも注目!

いやー、感動しまくって帰途につきました(〃∇〃)♪
映画って本当にいいものですね~!!
傑作っ!!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

コステロ

自宅PCで、ですが、『ゼロ・グラビティ』観ました。
非常に良い作品でした!

全体の感想に関しては今更何をかいわんやなので
細かい点に関して述べますと、
特に私が「おぉ~、これは巧い」と思ったのが、
一度は命を助けてくれたパラシュートのロープが、
今度は足かせになる、と言う展開、
そして地上に無事着陸してもまだ油断させない
(溺れ死ぬじゃないか)という引っ張り加減ですね。

ただ、最後浜辺に辿り着いた後、暴漢に襲われて、
凌辱された揚句縊死させられる、とかだったらタマランな、などと
いらぬ心配までしちゃいました(笑
「結局人間が一番恐ろしい」というオチだったりして、とかね(笑

まぁ何れにせよカスばっかりじゃなく
たまにはこーゆー作品も観ておかないとダメだな~と(笑


それとこの作品には7分程度の「オマケ短編」みたいなのがあって、
こちらもナカナカ味があって良かったです。
by コステロ (2014-01-25 09:21) 

choko

コステロさん

やっほーーー!
見ましたか、見ましたかっ!!
そうそうそうそう、「ゼログラビティ」は、いい映画ですっO(≧▽≦)O!!
「ゼログラビティ」が気に入ったなら、「トゥモロー・ワールド」も、是非っ!!

それにしても、ラストで、何心配してるんですか(笑)。

おまけ短編なんてあるんですね。
気になるので、ちょっと調べてみます(^-^)ノ。


by choko (2014-01-25 19:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。