So-net無料ブログ作成
検索選択

「ゼロ・グラビティ」アルフォンソ・キュアロン監督:「2D」版、「3D」版、どちらも観てみた♪ [映画:SF・アクション]

宇宙空間の美しさ、そして怖さを描いた映画ゼロ・グラビティ」。
宇宙空間から観る地球の映像は、雄大で美しく、内容的にも感動しまくりで(感想はこちら)、
劇場で観てよかった~O(≧▽≦)O!と思った作品。

で、初回観た時は2D字幕に行ったんですが、冬休みに入って家族と行くのに行きたい映画が
あまりなかったので、3Dで観ると、画像の奥行き感が素晴らしいと言われていた
「ゼロ・グラビティ」3D版字幕に行ってきました♪

実は、劇場で3D版を観るのって、恐ろしいほど久々。
数年とか単位じゃなく、1980年代くらいに観て以来久々な気が(^^;)。
観たのは「13日の金曜日Part3」だったか、とにかくB級でできがあまり良くないホラー映画を
3Dで観た←赤青メガネだった記憶。

3D映画って、メガネの上に3Dメガネをかけるの煩わしいのと、料金が高いこと、
そして目が疲れそう・・・ってのが、ずっと避けてた理由。

「メガネonメガネ」に関しては、ほとんど気にならず、これは良かった。
まぁ、料金が高いのはしょうがない。
ただ、やっぱり目は非常に疲れました。
特に私は、老眼対策で、左右ガチャ目になってるメガネをかけているので(矯正視力左眼0.3、
右目0.8くらい)、両眼視する3D映像を観るのは、ちょっと厳しかったよう。
見終わった後、頭が痛くなった。
左右の視力が一定な「遠近両方メガネ」で行けばよかったと反省。

で、「ゼロ・グラビティ」の3D映像ですが、宇宙空間での作業中、背後に見える地球の奥行き感、
現在いる場所の高度感などは、「3Dならではっ!!」って感じで、臨場感満点(〃∇〃)!
宇宙空間の映像に関しては、3Dの効果がよく出てたと思います。

ただ、地球の美しさなどは、写真で美しい風景を切り取ったような印象の2D映像に比べると、
3Dはちょっと見劣りがしました。

「ゼロ・グラビティ」は、3D版しか観ていない旦那は、宇宙空間の奥行き感とかを
すごく評価してて、3D版を絶賛してたので、3D版ならではの良さが出てる映画だと思いますが、
両方観た私としては、美しい映像が心に刻み込まれるような2D版の方が好みでした(*^.^*)。

でも、2D、3D、どっちで観ても、いい映画はいい映画なんだとも思いました。
そんなに間を空けず2回みたけど、今回も感動してしまった(〃∇〃)。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。