So-net無料ブログ作成

「デビルマン(実写)」那須博之監督:伝説となってる日本4大バカ映画の1つを観たっ!! [映画・特撮・アニメ]

デビルマン [DVD]

デビルマン [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映
  • メディア: DVD
あまりにすごくて採点不可能

実写版「デビルマン」。
その突き抜けたできの悪さは、2004年の映画公開当時から、話題!話題!超話題!
になってて、観てなくても、どれだけ酷いのか、想像できちゃうほどだった(^^;)。
そして、日本4大バカ映画の1つとして、未だにその存在を知らしめてもいる。

「劇場で観た人間達を、怒りのあまりデーモン化させるのが本当の目的!」
とまで言われた作品←それが目的なら達成できている(笑)。
Wikの「実写デビルマン」の批評の章でも、当時の低評価ぶりが語られてるし、
アンサイクロペディアの「実写デビルマン」のページは、現実の方がすごすぎて、
虚構が負けてる・・・というより、事実が虚構レベルという状態に(^^;)。

「とにかく、すごいので観るべき!」とお勧めされてたし、気にはなってたけど、
こういうダメ映画は観るのに気力が必要なので、ずっと保留に。
しかし、「グレンラガン」26話視聴マラソンを達成(リンク先感想)し、
気合ミナギッてる今がその時!と、長年の保留状態を解除し、観ましたヽ(^o^)丿!!

事前に知ってたこと。
・役者の演技が酷い。
学芸会レベル。
アンサイクロペディア他、この映画に関する記述があるサイトでは、
登場人物のセリフの後に(棒読み)と注釈がつくのが一般的。

・銃を持っているのに、日本刀を持っている人間に、次々に突っ込んで切られていく兵隊達など、
常識的にありえない展開の数々。

・ストーリーもダメダメらしい。

で、観た感想。
事前知識をはるかに上回るほど、すごい内容だった!
役者、特に主人公アキラと、双子の兄弟が演じているリョウの2人の演技は、棒読み。
ヒロインミキも棒読み。

それは、まだ覚悟の内だった。

しかし、アキラの気の抜けた「うわぁぁぁぁぁ」という叫び声は、衝撃のあまり笑うしかなかった。
最初、放送事故かと思いました。
そして、その放送事故的叫び声は、その後、重要なシーンの度に披露され、
その度に、爆笑してしまった。
もう、この叫び声は、最強!!!
この叫び声だけでも、この映画終わってます(^^;)。

もちろん、これだけじゃないっ!
最初に出てくる、アキラとリョウの子供時代の2人。
片方の髪の毛の色がすごすぎる・・・と、最初の数秒から突っ込みどころ出現!

シレーヌは何故か草薙くんに似てるし、友達を探すシーンは、水の中に顔をつけてとか、
友達を探してるとは思えない不可解・謎な行動の連続、殺されるためだけに出てきた
小錦のこれまた超意味不明な出番、取ってつけたようなセリフ、整合性の無い矛盾したセリフ、
フィギアが動いているような戦闘シーンのCG、次々に出てくる突っ込みどころは、
「年末ガキ使笑ってはいけない」の「笑いの刺客」のよう。
とても、書ききれるレベルじゃないので、気になる人は、アンサイクロペディアとか、
Wikiとか、他の人の感想とか読んで下さい。
いっぱい羅列されてます。

少し前に観た「貞子3D」(リンク先感想)も突っ込みどころ満載の笑うしかない映画だったし、
かなり似た要素を持っているのも確か。
「実写デビルマン」の評価に、「映画でやっちゃいけないことをやってる反面教師的作品」というのが、
あったけど、「貞子3D」も、本当に同じようにやっちゃいけないことをたくさんやっている(^^;)。
何故「貞子3D」の監督は「デビルマン」を観なかったんだろう、観ていれば少しはマシになった・・・
かも・・・・・・。
ただ、「貞子3D」は、まだ「ヒロインをキレイに撮る」って部分だけはちゃんとし
てた←きっと監督が「貞子3D」でやりたかったのはこれだっ!
しかし、「デビルマン」では、ほとんどの登場人物が魅力的に撮られていない。
ヒロインミキは、ちょっとケバいギャル系だし、もう一人のヒロインミーコも、地味な前半はともかく、
何故か後半化粧した顔はケバく(本当は「キレイになった」という演出だと思うんだけど)、
全然魅力的じゃない。

「貞子3D」も、かなりダメダメな映画だけど、ダメ要素・突っ込みどころが、隙間なくある「デビルマン」。
さすが、日本映画史に残る迷作!!
特に、アキラの叫び声は、トラウマ級です(^^;)。

ダメダメな映画を堪能したい人にだけ、お勧め!



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

コステロ

そうそう!あの「水面に顔を付ける」ってのは特に凄かった!(笑


「ああああ」と呻くシーンは劇中でも数回あるんですが、
私が特に出色と思った「ああああ」は、
おじさんに正体がバレた時の「ああああ」ですね。
「え?何今の?」と思いましたもん(笑

っつーか、フツーあぁいった時に
あーゆーリアクションって取らないですよね。
だから余計にスゴイ「ああああ」だなー、と(笑

中途半端な腐れラップのBGMもイカしてますし、
やっぱり最強ですよ、デビルマンは。
観終わった後、コッチが「ああああ」って叫びたくなりますから(笑
by コステロ (2014-01-20 10:02) 

choko

コステロさん

「水に顔をつける」ってのは、あり得ない行動ですよね~!
どういう思考パターンだと、あのシーンを作れるのか、謎でした。
いきなり、違うこと始めたのかと、最初思いましたよ(笑)。

で、アキラの叫び声は、最初にきいた時のインパクトが強すぎて、
その後は、どのシーンも、状況に関わらず、
叫び声だけでノックアウトされてました(笑)。
声無しとか、いや、吹き替えして全然違う人の声あてても
良かったんじゃないかと思えます。

でも、あの叫び声のまぬけさが、「実写デビルマン」を象徴してるの
かもですね~(笑)。

「ああああ」って叫んで、デーモン化ですね?(笑)
by choko (2014-01-20 21:20) 

コステロ

アッチの方に書こうか、と思ったんですが、
ハナシの流れもあるのでコチラにしますケド、『貞子3D』観ました。

だい~ぶマシじゃないですか!

デビルマンに比べれば、ですケド(笑

確かに“ツッコミどころ”とか“ご都合主義的な部分”は多いですケド、
ホラー映画(及び、そう銘打った作品)って、
わりとそんなモンじゃないですか?

各役者の演技もマシでしたし(デビルマン比)、
私としては十分許容範囲でしたケドね。

・・・って、クソ映画を観すぎて
感覚がマヒしてるのかもしてませんが(笑


by コステロ (2014-01-21 09:11) 

choko

コステロさん

絶対絶対絶対マヒしてますっ!!

「デビルマン」を見返すという、暴挙を何度も行ってるからだと思われ(笑)。

さすがに「デビルマン(実写)」には、負けますが、
「貞子3D」も、かなり酷いですよ~(^_^;)。

by choko (2014-01-21 17:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。