So-net無料ブログ作成

「ノー・ワン・リブズ(NO ONE LIVES)」北村龍平監督:強盗団VS殺人鬼!日本人監督によるホラー・サスペンスのハリウッド作品!面白いっ! [映画:ホラー・サスペンス]

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ [Blu-ray]

NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray
7.8点

見終わった後「スタッフロールに日本人名が??」と思ったら、監督は日本人の北村龍平。
でも、日本人が関わってるとは、言われなければわからない、見た目は生粋の洋物ホラー・サスペンス!

実写デビルマン」から続く、ビデオレンタルループで借りた作品。
いまのところ、これが一番おもしろかった♪

「デビルマン実写」<<<越えられない壁<<<「サイレントヒルリベレーション」<<<<<「フッテージ
<<<<「ノー・ワン・リブズ」という感じ。

この後も、何本か観てるけど、これよりは落ちる。

車での旅の途中、その地域を拠点とする強盗団に襲撃されるカップル。
拉致される男と女。
しかし、強盗団が襲った車の中には、もう一人、別の1人の女性が監禁されていた。
数ヶ月前に起きた十数人が惨殺された事件で、1人だけ行方不明になり、親族から多額の懸賞金が
かけられていた女性だった。
懸賞金の額の多さに盛り上がる強盗団のメンバー。
しかし、怯える女性が強盗団に言った言葉は・・・「全員殺される・・・・」。

基本になるストーリーの流れは、悪人に恋人を殺された&さらわれたヒーローが、
悪人たちをバッタバッタと倒すというものなんだけど、この作品、ヒーローが殺人鬼なので、
「強盗団VS殺人鬼」と、どちらも悪人という設定。

その上、強盗団の面々は、確かに凶悪だし、やってることも犯罪だけど、ファミリーの結束も硬く
人情もあり、むやみに地元で揉め事を起こさない、殺人も出来る限り避ける・・・と、
完全な悪ではない←1人困ったヤツがいるけど。
そして、殺人鬼の方も、残忍で狡猾、でも殺人の美学を持ち、クールでスタイリッシュな魅力が
あるという、どっちも悪いやつ、でもどっちも、ちょっと感情移入する部分があり、
どちらがやられても、ちょっと嫌・・・という、その辺のバランスが絶妙。

基本のストーリー由来の、悪人をバッタバッタと倒す爽快感もあるんだけど、
殺人鬼なので、殺し方は超残酷、また強盗団に捕まってる女性は、
元々さらわれて囚われてたわけだし、その女性を本当に助けようとする強盗団のメンバーがいたりと、
どっちを応援すべき??ってな、自分の心の揺れも、また新鮮で面白い♪

また殺人鬼の殺しのテクニック、強さ、美学も不思議な魅力があってアンチ・ヒーローものでもあります。

ストーリーより、キャラクターの魅力で楽しむ映画。
面白かった(〃∇〃)!!

それにしても邦題、英語のまんまなんだけど、日本人の監督なんだから、
もうちょっといい邦題が出なかったものか?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

ちょび

この映画面白そうですね!
借りてみます。
by ちょび (2014-02-03 12:45) 

choko

ちょびさん

うんうん、ちょびさんは好きかもです(*^.^*)♪
是非、借りてみて下さい♪
by choko (2014-02-04 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。