So-net無料ブログ作成
検索選択

「キャビン」 ドリュー・ゴダード監督:バカンス先で男女数人のグループが・・ってよくあるホラーと思ったら・・監視されてました。笑えました! [映画:ホラー・サスペンス]

7.3点

ホラーの王道と言えば、「13日の金曜日」「死霊のはらわた」・・・etc、バカンスに出かけた
男女数人のグループが、殺人鬼とか、悪霊とかに襲われて、次々に殺されていく展開。

この作品も、男3人女2人のグループが、湖の畔にあるキャビンに遊びに行き恐怖が・・・という、
王道の展開なんですが、それだけでは無かった!
5人は、このキャビンに来るように誘導されており、キャビンでの行動もすべて監視。
彼らを監視する人々の目的は??

サム・ライミの「死霊のはらわた」、その他のホラー映画へのオマージュも散りばめられ、
王道ホラーのおどろおどろしい映像と、監視する人々の近代的、そして変に事務的な姿の映像の、
アンバランスさがステキ!

ドキドキ怖いっ!!←王道ホラーシーン
彼らは、真面目に何をやってるんだ??←監視シーン

と、怖いのと、笑えるのシーンが交互に来るのがいいです。

お約束、カップルが夜の屋外で良い雰囲気に・・・でも、そこに恐怖が忍び寄る・・・ってなシーンでは、
監視スクリーンの前に、組織の人間が大挙して集まり、スクリーンを食い入るように見つめてたり(笑)。
結局、その時は、ことに及ばず、みんながっかり(笑)←持ち場に戻れと解散させられた。

組織の計画は、全世界で同時に行われており、日本からの中継は、「ああ確かに日本だ」って
感じでした(笑)←他の国はすべて失敗して、残っているのは日本とアメリカだけという設定。

ラストが、かなりグダグダ(「8時だよ全員集合」を思い出した(^^;)例え古すぎ?)になっちゃったのは、
残念だったけど、ホラーパロディものとして、とても楽しめました(〃∇〃)♪
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

コステロ

今更ですが観ました。
「古典的な山小屋ホラー」+「キューブ」と言う感じで、
それに「ハンガーゲーム」をチョっと加味した感じで面白かったです。

by コステロ (2014-04-14 12:06) 

choko

コステロさん

わーー、見ましたか!
この映画、なかなかいいですよね~♪

出てくるモンスターが決定した時の盛り上がりっぷりとか、
すっごく楽しめました(^^)♪
半魚人ネタも良かったし(笑)。
by choko (2014-04-14 22:51) 

コステロ

山小屋がモロに『死霊のはらわた』のそれだったり、
地下に降りたらイカニモな"召喚グッズ”がワンサカあったり、
ソッチ系が好きでよくみている人にはたまらんでしょうね(笑
私も『はらわた』を観ておいてよかったな、と思いましたし。

半魚人に関しては、ガブッて人をかんだら、
噴気孔から血がビャーッって出て、
こんなアホらしいことよく考えたな、って(笑

あとは登場人物の1人がバイクで崖を飛び越えようとしたら
見えない壁に激突してそのまま墜落しちゃったシーンで
「うはッ!」と思いましたね。わりとショッキングなんだケド
ミョーに笑える感じが良かったです。
by コステロ (2014-04-15 07:19) 

choko

コステロさん

うんうん「死霊のはらわた」は見てて正解でしたよね♪
山小屋は、完全に元ネタがそれですから(〃∇〃)!!

山小屋の地下の召喚アイテム、1つだけしか使えないなんて
勿体無いっ!もっといろいろ呼び出してくれーーーと思っちゃいました(笑)。
あれはいいっ(笑)!

全体的に、笑える~!とか、バカらしい~!とか、いい意味で
印象に残るシーンも多いのも良かったですよね♪
by choko (2014-04-15 13:55) 

コステロ

ただ、ひとつ苦言を呈させていただくと、
あれだけ様々なホラー映画のオマージュにあふれているなら、
あともう一匹ゾンビを出してほしかったですね。

で、そのゾンビだけ人を襲ったりとかせずに、
1人でひたすら、ゆる~いダンスを踊ってるの。
しかも上半身裸で、おいそれ死盆かよ!みたいな感じで(笑
by コステロ (2014-04-17 09:16) 

choko

コステロさん

なぜそこで、死盆に行っちゃうんですか(^_^;)!!
個性的なゾンビを出すなら「ボブ」でしょう、やっぱり。
もしくは、ショーン・オブ・ザ・デッドのエドとか(ゲームをするゾンビ)。

キャビン死盆化には、反対です(笑)。

by choko (2014-04-17 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。