So-net無料ブログ作成
検索選択

「死霊館」監督ジェームズ・ウォン:正統派、心霊・お化け屋敷物!正統派でもすごく面白いO(≧▽≦)O! [映画:ホラー・サスペンス]

死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]

死霊館 ブルーレイ&DVD(2枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]


7.8点

「SAWシリーズ」「インシディアス」(リンク先感想)などのジェームズ・ウォン監督による、
オカルト・ホラー映画

「インシディアス」も正統派お化け屋敷もので、面白かったけど、今回も傾向は同じ。
でも、「インシディアス」よりも、熟れていてより面白く観ることができました(〃∇〃)♪

時代は1971年。
池の畔に建つ中古の家を手に入れたペロン一家。
以前より広い家に期待を膨らませ、5人の娘と共に引っ越してきた。
しかし、飼い犬は何かに怯え、家の中には入らず、また入り口を板で打ち付けられた地下室が・・。
その上、家中の時計は3時7分で止まり、外よりも冷え込む室内には死臭のような臭いが・・・。
次々と襲ってくる怪異に、一家は怯え、心霊現象研究科で、いろいろな心霊現象を解決してきた
ウォーレン夫妻に助けを求める・・・・。

粗筋だけ読むと、本当に本当に今までもよくあった、使い古されたような話なんですが、
ストーリー展開のテンポがよく、また登場人物も魅力的に描かれ、メインのペロン家のストーリーと
平行して描かれる、心霊研究家ウォーレン夫妻についてのサブストーリーも面白く、
メリハリのあるストーリーになっており、よくあるストーリーがベースになってても、
こんなに面白く、ドキドキする展開になるんだーと関心しつつ鑑賞!

すごく新しいことはやってないですが、基本をしっかり踏まえ、丁寧に話が描かれ、
ゾクゾクするようなオカルト的演出も上手く、すごくよくできた秀作(〃∇〃)♪
1971年が舞台という、レトロ感も雰囲気を上手く盛り上げてます。

また5人姉妹の中でも、下の2人の姿が愛らしく撮られてるのもいい♪
5人の娘さんたち、画面の中にはいるけど、アップの映像は少なめ。
でも、ここっ!って時に、アップになる、下の娘2人が可愛く、子供の想う親の気持ちに共感しやすい。

スプラッタ描写はほとんど無く、お化け屋敷物正統派オカルト・ホラーが好きな人にとてもお勧め(^-^)ノ。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 6

コステロ

これはなかなかそそられますね。
スプラッタ描写が殆どない、と言うのもよさげです。

ところでちょこさん、『凶悪』の映画版、まだ観ないんですか?
by コステロ (2014-06-24 07:40) 

choko

コステロさん

うん、これは完成度高かったです(*^.^*)。
使い古されたネタでも、こうやって面白くなるんだーって、
素直に感心できました。
ジェームズ・ワン監督、上手いですっ!

「凶悪」、まだ見てない映画が(積映?)がいろいろあるので、
それを見てからで(^^;)。
by choko (2014-06-24 22:24) 

コステロ

"積映”解ります。
私もDLしたっきり、観てない作品が結構ありますから(笑

『トレインスポッティング』なんか半年以上、HDの中で眠ってます。
「おバカ映画・クソ映画」を優先して観ちゃうことが多いんで(笑
by コステロ (2014-06-27 09:54) 

choko

コステロさん

あははは、やっぱり積英ありますか(笑)。
本と違って、データ一覧みたいになっちゃうので、
あまり溜めずにみたいんですよね~>積映

私も、どうしても、ホラー系を優先してみちゃう傾向があります(^^;)。
そういえば、8月末に公開される、実写版「ルパン三世」ももしかしたら、
コステロさんのお好みかもしれません(^^;)。

by choko (2014-06-28 09:45) 

コステロ

HD内の積映は、ディスク容量を喰うから
とっとと観て、消去しないといけないんですケドねぇ。
『デビルマン』は永久保存版ですケド(笑

『ルパン』はどーなんでしょうね。
変に原作を意識している部分があったりするみたいですが、
(銭形警部の配役など)
ハッキリ言って「ルパン」と言えば、原作漫画よりも
世間一般では圧倒的にアニメでしょうからね。
その辺取りちがえるとマズイですよね。

ま、そんなワケで近いうちに、
積映のひとつである『ガッチャマン』を観ます(笑
by コステロ (2014-06-29 10:46) 

choko

コステロさん

そうなんですよ、積映画はサクサク消化するのが一番。
でも本と同じでついついためちゃいますよね。
本と違って見始めたら、通しで見たいし・・・。

実写「ルパン」、原作に近かったら一般受けはあまりしなさそう。
私も「アニメ」のイメージが強いし、そっちの方が好きです。

おおお、誰を対象に作ったのかわからない映画と評判の
ガッチャマン見ますかっ!
剛力彩芽が出てる映画って、配役がまずいというか、
剛力彩芽を使っちゃうところに配役のまずさがあるというか・・・
なんか微妙で、ファン受けしてない映画が多い気がします。
ガッチャマンはいいけど、「黒執事」は、剛力彩芽じゃダメだろ!
って思いました(^_^;)。
水嶋ヒロもいやだったけど。
原作、ちょっと読んでるだけで、思い入れはあまりなくても
そう思ってしまいました。
by choko (2014-06-30 01:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。