So-net無料ブログ作成
検索選択

町田市立博物館:「江戸の衣装競べ」を見てきた♪小規模ながら、面白いっ! [美術展・博物館等]

matidahaku-kimonoposter.jpg
町田市立博物館で2014年9月13日(土)~11月3日(月)まで開催されている、
江戸の衣装競べ 国立歴史民俗博物館 野村コレクション」を見てきました♪

江戸時代のはじめ、武家女性と町民女性の小袖のデザインには大きな違いがなかった。
しかし、友禅染の出現をきっかけに、従来の刺繍や絞りなどを使った小袖を着続けた
保守的な武家女性と、新しい友禅染を受け入れた町人女性とで、違いがでてくる。
柄も、友禅染により、清水寺などいろいろな観光地を描いたりバリエーションが増えた町人の小袖。
自然物や風景、御簾など公家を連想させる模様中心だった武家の小袖。

また同じく保守的だった公家の小袖は、武家と同じ自然物を描いても、遠景からの模様だった
武家の小袖と違い、近くから花などを描いたものが多かったという。

その辺の流れが、展示物を見ることでわかるようになってます。

他にも、小袖に使われる生地の変遷、簪など小物などの展示もあり、小さいながらも、
江戸時代の小袖のデザインの変化(帯が太く豪華になるにつれ、上下別の模様があしらわれるように
なったり、上はシンプル、下部分の方が書き込まれたり)、身分による違いなどが
よくわかる内容になっていて面白かった♪

リアルな蝙蝠が描かれている着物があったり、デザイン的に面白いものもいろいろ。

小規模なのは、入場料が300円と安いので、そんなものかな?と(^_^;)。
興味深い展示会だったので、興味がある方は行ってみるのも♪

matidahaku2.jpg
博物館の入り口。
matidahaku1.jpg
建物自体も大きくないです。

ただここ、場所が辺鄙なんですよね~(^_^;)。
車で行ったんですが、山の斜面にある住宅街に入る細い坂道を、どんどん登り(途中道を間違って
焦った(^_^;))、住宅街の中にポツン・・・って感じでありました。

駐車場はすぐ近くにある「本町田遺跡公園」(弥生時代の竪穴式住居の再現が2棟ある-感想後日)と
共通で9台。
平日行ったら、ガラガラでした。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。