So-net無料ブログ作成
検索選択

「インシディアス2」監督:ジェームズ・ワン:完全に1作目の続編!雰囲気造りは相変わらず上手だけど・・・ [映画:ホラー・サスペンス]

インシディアス 第2章 [DVD]

インシディアス 第2章 [DVD]

6.5点

「インシディアス2」は、映画インシディアス」(リンク先感想)の完全な続編。
「インシディアス」を見ていなくても楽しめるけど、「インシディアス」を見た方が絶対楽しめます。

↓に、「インシディアス」のネタバレがあるので、「インシディアス」をまだ見ていない方は、
読まない方が無難です(^^;)。
「インシディアス」の方が、「インシディアス2」より面白かったと、私は思うし。










------------------以下、「インシディアス」のネタバレが若干あり--------------------------------

ルネとジョシュのダルトン夫妻。
引っ越した家で、息子ダルトンが、原因不明の意識不明状態に。
特別な能力を持つダルトンは「何者」に囚えられていたのだ・・・。
家を引き払い引っ越した先でも続く怪異。
そして、戻らないダルトンの意識。
しかし、霊能力者エリーゼの犠牲はあったが、ダルトンを無事取り戻すことができたランバート一家。

↑ここまでが「インシディアス」のストーリー。

やっと平穏が訪れるかに思えたが、ランバート一家への厄災は終わってはいなかった・・・。

という展開で「インシディアス2」は始まります。

霊界に通じる世界に飛べる能力を持ったダルトン。
1作目でダルトンを救うために、昔封印した同じ能力を呼び覚まし、霊の世界へと入った父親ジョシュ。

しかし、ジョシュは霊の世界から、何者かを連れて来てしまっていた。
何者かに憑依されるジョシュ。
家では突然ピアノが鳴り、白いドレスの女性が徘徊・・・・次々と怪異が起きる。
そして、まだ乳児である末の娘に危険が・・・。
ジョシュに憑依している霊は何者なのか?
そして、霊能力者エリーゼは既に亡く、ジョシュも憑依されてしまっている今、この怪異と誰が闘うのか??

突然鳴るピアノや子供のオモチャ、鏡にうつる白いドレスの女・・・ゾゾゾっとさせる演出は
ジェームズ・ワンらしく、相変わらず上手です。
前半は、ドキドキ、ゾワゾワしながら見ることができました。

ただ、中盤を過ぎると、ジョシュに取り憑いた霊が誰のものなのかの調査の進行と、
家での怪異、ジョシュの変貌などが、交互に語られる為、緊迫感が削がれがち。
ストーリー的にはちょっと凝ってるんですが、要素を入れ過ぎ?
要素が多い分、駆け足で状況説明とか、謎の解決が行われちゃったのも、緊迫感にかける理由かな?

また、1作目でも思ったんですが「霊の世界」みたいなのがチープで(^_^;)。
そのシーンになると、「お化け屋敷」に入ってるような印象を受けちゃう。

最後まで諦めず闘うジョシュ(ヒーロー)とルネ(ヒロイン)、家族で協力しあう、エリーゼという
強い味方が存在するなど、おどろおどろしい陰惨なホラー映画というよりは、
エンターテイメント性が高いホラー映画という印象。
モダンホラー作家のディーン・R・クーンツの作風を思い出した。

私はもうちょっとおどろおどろしいのが好きなのもあって、2作目はイマイチ。
でも、そうじゃなければ、普通に楽しめるホラー映画な気がします。





nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 6

コステロ

ワタクシ、個人的には、ホラーに〝超能力”は持ち込んじゃいけないと思うんですよね。
言葉としても、概念としても。
なんだか毛色が違っちゃうような気がして。

特に私はオカルトホラーが好きなので
あくまでも「霊的な何か」「悪魔的な何か」、という
〝なんだかよく解らないもの”であってほしいんです。

なので「霊界に通じる世界に飛べる能力」なんてのが出てきちゃったら
「なんだこれ?ファンタジーかいな?」とかって思っちゃいそうです(笑
by コステロ (2015-01-13 07:24) 

choko

コステロさん

そうなんですよね~。
超能力とか、霊能力とかが強すぎる人がでると、コステロさんが
おっしゃってるように、ファンタジー色というか、そういうのが
強く出てきて、怖さ半減・・・(-"-;A。

この映画は特に、その辺が強く出てる気がします。
前半怖いんですが、解決に向かい出すと、ううむ・・・という感じ(^_^;)。
「霊界に通じる世界」は、非常にチープなので、その辺は
コステロさん好みかもしれません(笑)。
by choko (2015-01-16 01:22) 

コステロ

半裸のおねーちゃんらがダラダラ踊ってる、とか
ハワイ出身の元力士が出てきて
「デーモンばんざーい!」と叫んで絶命するとか、
「霊界に通じる世界」ってのがそんなだったら
そらもう確かに私の好みですね(笑
by コステロ (2015-01-16 10:14) 

choko

コステロさん

そこまでやってたら、褒めてるかも(笑)。
そのレベルまで行くには、いろいろな不幸が重ならないと(笑)。

そういえば、昨年末の紅白に中森明菜が出ましたが、
彼女と近藤真彦の映画「愛・旅立ち」は見てますか?
コステロさんが好きなレベルですごいですっ!
不治の病のヒロインを巡るアイドル悲恋純愛映画じゃなくて、
丹波哲郎も登場のカルト映画。
耳なし芳一(なんかもでてくる)のメイクも必見!
当時人気絶頂だった2人は何故この映画に出たんだろう??
by choko (2015-01-20 08:24) 

コステロ

見たことないですけど、耳なし芳一ってあの耳なし芳一ですか?
古典怪談の?
それが出てくるんですか?マッチと明菜ちゃんの映画に?
どー考えても流れが想像つかないんですけどッ!(笑

そこへもってきてタンバと来れば、こらもう壮絶にすごそうですね(笑
『北京原人』もタンバの存在があってこそ、でしたしね(笑
by コステロ (2015-01-20 09:03) 

choko

コステロさん

そうなんですよ、壮絶にすごい映画なんです(笑)。
ベタベタ青春純愛アイドル映画の仮面を被った、
「大霊界」なんですよ。

「うる星やつら 3」の同時上映だったので見ることになったんですが、
こっちの方が何倍も印象に残りました(笑)。
検索すると「芳一」の画像とかありますから、みてやって下さい。
すごいレベルです(笑)←不気味な子供って感じ。
by choko (2015-01-21 13:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。