So-net無料ブログ作成
検索選択

「AAAH! ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている」監督マシュー・コーネン:ゾンビ一発ネタもの。最初だけ笑える(^^;) [映画:ホラー・サスペンス]

4.5点

アメリカ軍が超人を作ろうとして開発した薬で、兵士がゾンビに。
隠蔽工作として薬を破棄しようとしたが、薬の移動中事故が起きてしまう。
事故現場近くのボーリング場で働く男女4人が、その薬を摂取してしまい、ゾンビ化。
しかし、彼らは自分達がゾンビ化したことに気がつかず・・・。

傍目からは姿も動きも、ゾンビにしか見えないのに、ゾンビになった者達同士は、
互いが普通に見えるってのがポイント

本人達は、さっそうと歩いてるつもりが、現実はうめき声を発しながらゾンビ歩きしてる。
会話もゾンビ同士だと普通にできるが、普通の人から見ると・・・。

現実とゾンビ化した4人の視点で交互に描かれる同シーンのギャップが笑えます
(つっこみどころは満載ですが)。

しかーーし、コメディホラーで、笑えるメインが、その部分だけってのが厳しい。
ギャップに笑えるのは、最初だけ。
何度も、何度も繰り返し、現実と彼らの主観との違いを見せられても・・・・
後半は飽きます。

他にも多少ギャグが盛り込まれているけど、それほど笑えず、その上、感動ストーリーも
入れたいのか、ゾンビになった2人の恋愛ドラマとか、今までの人生への懐古とか、
これからの運命への意気込みとかが、凡庸な長いセリフで語られて辟易。

もうちょっと演出が上手なら・・・と思ってしまった。

結局、最初に一発ネタで笑って、後はタルイ・・・という映画でした。
地味に面白くなかった(-_-;)。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

コステロ

やりようによっては面白くなりそうなネタですけど、
確かに一本の映画にするにはキツそうですね(笑
30分から45分くらいのTV特番くらいなら
ちょうどよかったのかも?

ただ、ゾンビの側、ゾンビからの視点で描く、
というのは斬新だと思いますので
いっそシリアスドラマにしてみるのも

・・・って、たぶん無理でしょうね(笑
by コステロ (2015-02-19 10:55) 

choko

コステロさん

そうなんですよ、「勿体無いっ!」ってのが正直な感想。
ネタ的にはいいものがあったので、ギャグのセンスがもうちょっと
良くて、演出とかも良ければ、「ゾンビランド」みたいな
感動ゾンビ物になったかもしれない・・と思いました。

まぁ、コメディ映画、センスと演出が良ければそりゃ面白くなるだろ!
・・・なんですけどね(笑)。
by choko (2015-02-20 06:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。