So-net無料ブログ作成

「ドクタースリープ」スティーブン・キング著:「シャイニング」の続編!オカルトテイストの冒険小説、ドキドキ感がたまらないっ! [映画:ホラー・サスペンス]

ドクター・スリープ 上

ドクター・スリープ 上

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/06/11
  • メディア: 単行本

ドクター・スリープ 下

ドクター・スリープ 下

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/06/11
  • メディア: 単行本
8点

キューブリックの映画でも有名な、スティーブン・キングの「シャイニング」。
その続編が登場ヽ(^o^)丿!

映画だけ見て、原作を読んでない私は、「映画と原作は別物」、「スティーブン・キング激怒」なんていう
エピソードは知ってても、詳細は知らず。

でも、読んでみると、なるほどー、確かに違うわっ!という感じ。
この本を読んだあと、映画「シャイニング」を見返したので、違いに関しては、後日映画の方の感想で。

さて、「シャイニング」の続編「ドクタースリープ」。
その主人公は、「シャイニング」に登場した時は、まだ幼かったダニー。
しかし、月日は流れ、ダニーは、大人に。
それも酒に溺れた父親のようになるまい・・と誓っていたにも関わらず、酒により失敗を繰り返し、
転職を繰り返し、あちこちを放浪するような生活。
そんな生活の中、ダニーは生活を立て直すきっかけを得る。
その頃、すばらしい力(シャイニング)を持つ、アブラという少女がこの世に誕生する。
そして、長年、人の中に紛れて生活しつつ、人にとっては邪悪な存在であり、人を糧とする「真血族」。

この住んでいる場所も、立場も全く違う、3つの存在が交わる時、運命は大きく回り出す・・・。

「シャイニング」でも現れた亡霊や、「真血族」という邪悪なグループが登場したりと、
オカルトテイストはあるけど、どちらかというと、先の展開が楽しみな、冒険小説、
超能力バトル物・・・・って感じが強く、怖いというより、ワクワクどきどきして、
このお話を読みました(*^.^*)。

間々に挟まれる、ダニーの子どもの頃の想い出(「シャイニング」絡み)は、「シャイニング」を
知っていると、より物語を深みのあるものにして、楽しませてくれます♪
もちろん「シャイニング」を知らなくても、楽しめるよう、書かれてますが、知ってた方が絶対楽しい!
と、原作を読んでない私が言うのもなんですが、重なる部分は多いので・・・(^_^;)。
ただ、映画版と違う部分もあるので、そっか原作は違うのか・・と思ったりすることも←この辺も
また楽しかったりするんですが。

上巻は、ダニーの放浪や、辿り着いた安住の地で、徐々に生活を固め、「ドクタースリープ」と
呼ばれるようになるまで。
そして、少女アブラの成長。
「真血族」の暗躍という、3つのストーリーが展開します。
そして、たまに「点」として、それらが接触し、徐々に、一つの物語になっていく流れが、とても楽しい♪

下巻は、大きな流れとなった物語が、「シャイニング」で起きたことも少し絡みつつ、
冒険小説のような興奮を内包しつつ、進展していきます。

スティーブン・キングらしい、ちょっと地味な展開から、エンターテイメント性高いストーリーへと、
変化していく感じもいいし、その中に、オカルトテイストがあるのも嬉しい一冊♪

「シャイニング」から、かなり長い年月が過ぎましたが、「シャイニング」が好きな人は、
読んでみて下さい(^-^)ノ♪

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

コステロ

『シャイニング』は私も原作未読・映画のみです。

映画ではオカルトの要素は殆どなくて、
サイコスリラーとかサイコホラーの色が強かったですよね。
で、以前これをキングファンで映画未見・原作既読の友人に勧めたところ、鑑賞後
「映画版は良くも悪くもジャック・ニコルソンの演技がうますぎる。
だからオカルトの要素に頼ることなく成立しちゃってる」っつっとりました。

ま、それはともかくシャイニングの映画を見て、続編の小説画を読んで、
それでまた映画版を見直して、そこまでしながら未だ原作読んでないって
ある意味スゴイですよね(笑
by コステロ (2015-10-25 08:48) 

choko

コステロさん

うわっ、亀レスで申し訳無い(^_^;)。

そそそ、映画版って、ジャック・ニコルソンがすごすぎるんですよ。
普通に笑ってても怖いし(笑)。
オカルトの要素はあるけど、オカルトじゃなくて、父親の狂気と
幻想で映画はまとまっちゃうんですよね。

いま、原作読んでるので、その内、感想書きます(^-^)ノ♪
by choko (2015-11-15 21:32) 

コステロ

いいっすねぇ。

そー言えば先日、ハロウィンだったじゃないですか。
それにちなんでその日の晩『エクソシスト』を観たんですよ。
10年以上前にDVD買って、観て、やっぱりメチャクチャ怖くて、
以来封印していたんですが、久々に見ました。
そうしたら物語の中の初日がやっぱりハロウィンで、
ちょっといやぁな予感がしたんですが、
今回改めて見たら、案外さほどに怖く感じませんでしたね。

前回最後に観てから、この10数年の間、
小説『リング』にはまったのをきっかけに、
一時期、表現ジャンルを問わず、ホラーに凝ったことがありましたから
その間に耐性がついてしまったのかもしれません。

いちばーん最初にTVで観たのが9歳の時。
それ以来私の中で、怖いモノの代名詞だったのですが、
35年かけてその恐怖を克服しましたよ(笑


ちなみに。
今回見返したきっかけは、そのチョッと前に
「〝エクソシストを見る”と言う夢を見たから」なんですが、
その夢の中では、物語の中盤ごろにジャッキー・チェンが出てきて
「今のうちに退治しておく」とか言って戦って勝って祓っちゃって、
怖いモノを見ずにホッとする反面、これでいいのか?と思いましたね。
by コステロ (2015-11-16 10:27) 

choko

コステロさん

35年かけて恐怖を克服したってとこに笑ったんですが、
その後の、ジャッキー・チェンで再び爆笑!
すごい夢ですね~(笑)。
きっと、コステロさんの心のなかの恐怖を、ジャッキーが
追い払ってくれたんでしょう(笑)。

でも、昔怖かったものを見返すと、そうでもない・・ってありますよね。
私も、エクソシストは、観直した時は、怖いより、
昔の映画って物語の趣旨とはあまり関係ないちょっとしたセリフ
まわしでキャラクターを表現するのが上手いなぁって
感心した方が強かったです。

シャイニングは、観返してみて、やっぱり映像美の凄さと、
ジャック・ニコルソンの怖さに感服です(笑)。

by choko (2015-11-21 00:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。