So-net無料ブログ作成
検索選択

「シャイニング」、映画(キューブリック監督)、原作(スティーブン・キング著)を観た、読んだ! [映画:ホラー・サスペンス]


8.5点

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/05
  • メディア: 文庫


シャイニング〈下〉 (文春文庫)

シャイニング〈下〉 (文春文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/05
  • メディア: 文庫
7.5点

シャイニングの続編「ドクタースリープ」(リンク先感想)を読んだのを機会に、キューブリック監督作品、
映画「シャイニング」を観返すと共に、未読だったスティーブン・キング著の原作「シャイニング」を
読みました♪

映画「シャイニング」が、あまりに原作と違うので、キングが激怒・酷評したというのは
知っていたので、どんだけ違うのかな?という興味もあったし。

「映画」「原作」とも、おおまかな粗筋はほぼ同じ。

雪深く、冬期には数ヶ月もの間雪に閉ざされてしまう山の上にある「オーバールックホテル」。
そこに、小説家志望のジャックとその妻ウェンディ、そして息子のダニーの3人が、
冬の間の管理人として、住み込むことに。
以前、ジャックと同じ冬期管理人が、娘2人と妻を惨殺し、自殺したという陰惨な過去がある
いわくつきのホテル。
ジャックは、この閉鎖された空間こそ、未完成の戯曲を完成させるのにうってつけの環境と喜ぶ。
しかし、特別な能力「シャイニング」を持つダニーは、ホテルで恐ろしい経験をする・・。
そして、ジャックは、徐々にホテルの持つ邪悪な力に取り込まれていってしまう・・・。

ダニーが遭遇する恐怖体験とか、ウェンディの性格とか、いろいろ違う部分はあるけど、
一番違うのは、父親ジャックの扱い。

原作のジャックは、ダニーを大事に思う気持ちも強く、アルコール依存症から立ち直ろうと努力し、
ホテルの邪悪な力に取り込まれまいと、必死で抵抗しようとするが、結局取り込まれてしまう。

対して、映画のジャックは、ホテルに行く前から、狂気がつきまとってる感じが大!
元々あった焦燥感や鬱屈したものが、閉鎖された空間で、熟成され、狂気となって噴出した・・・
って感じで、オカルト要素がなくても「人間の狂気」だけでも、話が成り立つ気が。
一応、ホテルの邪悪な力が働きかけてるシーンはあるけど、「ジャックの妄想」で、
一部を覗いて、片付いちゃうかんじ。
原作の方は、明らかに「オカルト要素」がなければ起きなかった事件。

いやー、とにかく、両方観て、読んで

ジャック(ニコルソン)、怖~(゚_゚i)!
ってのが一番思ったこと。

父親役のジャック・ニコルソン、パッケージに使われてる、破壊したドアから覗き込む顔も怖いけど、
実は、普通に笑ってても怖い(^_^;)。
そして、母親ウェンディの、おどおどした態度がまた、ジャックの怖さ倍増。
wikiによると、キューブリックは、ウェンディ役のシェリーに、撮影現場で意図して厳しくあたったとか。
その試みは成功してると実感できるほど、ウェンディの追い詰められたような表情や動作は
映画の恐怖感に大きく貢献してます。

また映画の映像美がすばらしい!!
ホテルのロビー、各フロア(ダニーが三輪車でホテル内をうろうろしてる時の不安感とか)、
外の迷路、バー・・・・・印象に残るシーンがいっぱい!
原作を読んでる時、同じシーンでも、描かれてる背景が違う場合、映画の方の、
圧倒的な映像美が原作が紡ぎ出そうとしているイメージを喰っちゃうことが何度か。

オープニング、壮大な自然の中を疾走する車が延々と映しだされ時流される曲が、
ベルリオーズの「幻想交響曲」第五楽章なのも良かった←好きな曲なんだけど、最初に観た時は、
この曲は知らなかった。

長い小説を細部までしっかり描こうとすると、凡庸になりがちなところ、切るところはばさっと切って
まとめあげたキューブリック監督の手腕にも感服。

ということで、両方観て、読んで、「シャイニングの映画、やっぱりすごい!」と改めて思う結果に。

でも、ダニーに「シャイニング」のことを教えた、少しだけ「シャイニング」を持つ料理長ハロランに
関しては、原作「シャイニング」「ドクタースリープ」共に重要な役回りなのにも関わらず、
映画では、それほど活躍していないので、「ドクタースリープ」を読むなら、原作を読んでいた方が、
ハロランへの思い入れも違い、より楽しめるようになる気がします♪
原作では、アルコール依存症から立ち直る事の困難さや、家庭内暴力、
それに関する親からの負の連鎖など、「家庭の問題」についても、かなり言及しているので、
映画とは、一味も二味も違ったシャイニングが体験できるし、
オーバールックホテルの持つ、陰惨な歴史などについての、細かい言及があるのも楽しかった♪

まぁ、一番印象に残るのは、やっぱり「ジャック(ニコルソン)の狂気の笑顔」なんですけど(^_^;)。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

コステロ

キングが激怒・酷評したのは、
やっぱり嫉妬心みたいなものもあったからでしょうね。
映画の出来がそこそこどまりだったら、きっとスルーしていたと思います。
実際、キング原作で、すっとこどっこいな映画ありますからね。
『バトルランナー』とかね(笑

ちなみに、キング自身が総指揮を執った
TV版のシャイニングもあるみたいですよ。
そちらの方も結構評判はいいようです。
この際ですからそちらの方も観て、3種類制覇してみては?
by コステロ (2015-12-01 10:51) 

choko

コステロさん

いや、キングが怒ったのは、原作「シャイニング」のコアが、
家族愛、アルコール依存症からの脱却、家庭内DV・・・
など、家族のつながりに関するものだったのに、
そこがすっぱりと無くなってる事じゃないかと思います。
特にキング自身がアルコール依存で、その脱却体験に
基づいて書いたらしいので(かなり詳細に描写されてます)、
思い入れも強かったんじゃないかと。

キング監修のテレビ版、あるのは知ってるんですが、
さすがにTV版を見るのはたるいです(^_^;)。
by choko (2015-12-03 08:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。