So-net無料ブログ作成
検索選択

「HK/変態仮面」監督福田雄一:あの原作を映画化!原作への愛が溢れてる!2作目も見なくちゃ! [映画・特撮・アニメ]

HK/変態仮面 [DVD]

HK/変態仮面 [DVD]

7.8点

パンティーを被ったヒーロー「変態仮面」。
昔、ジャンプで連載してた作品。
今考えると、よくこんな内容の連載してたなぁ・・・とか思ったりするけど、
ジャングルの王者ターちゃん」とか、もっともっと昔だと「ハレンチ学園」なんかも連載してたんですよね
(「けっこう仮面」もジャンプだけど、これは月刊だったか?)。
テレビの内容もそうだけど、どんどん規制は厳しくなってる印象。
そんな中、「変態仮面」が実写で映画化されたと聞いた時は、すっごくびっくりした。
そして、その映画がとっても好評と聞いて、更にびっくりした。
劇場マナーCMに登場した「変態仮面」(リンク先で観られます)は、
ちゃんと「変態仮面」で感動もした。

映画館に観に行こうかと思ったんだけど、さすがに「変態仮面」・・・・「HK」でも通じるよと
言われても躊躇しちゃって観ないままでした。

しかし、映画2作目「HK/変態仮面 アブノーマルクライシス」が2016年5月14日公開だったので、
今更ながら一作目「HK/変態仮面」を観ました。

いや、笑った笑った、そして呆れて(褒め言葉)、上級変態には戦慄し、また笑った。
漫画の実写化の中では、トップクラスのできっ!

正義感溢れる、しかしドMの刑事と、Sの女王との間に生まれた色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。
父譲りの正義感を持つ狂介は、紅優高校拳法部に所属していて、体格もいいのに弱い!
しかし、女物のパンティーを被ると、とてつもないエクスタシーを感じ、潜在能力を100%覚醒、
超人「変態仮面」に変身できることに気がつく・・・。

とにかく「女性物のパンティー」を被ったヒーローって設定がすごいです(^_^;)。
その上、体の方も、隠れているのはほんの一部・・・。
攻撃は、おいなりさんでのアタックだったり、スピンだったり・・・。
原作もかなりぶっ飛んでたんですが、再現度の高さ&主人公役の鈴木亮平の肉体美のすごさっ!!
と、まず主人公がいいっ。
鈴木亮平、体を作ってまでの体当りの演技、素晴らしぃっ!
よく、この役、受けましたね・・・。
もう尊敬しますっ!
ファンですっ!

そして、個性爆発の悪役たち。
監督がテレビドラマ「アオイホノオ」(リンク先感想)で、そこにでていた俳優さんが多いんですが、
「変態仮面」のぶっとんだ設定と、俳優のアクの強すぎる個性と、
ベッタベッタに濃い演出の相性は満点。
特に偽変態仮面を演じた安田顕の演技は、上級変態過ぎて悶絶っ!!
あと、個人的にムロツヨシの三つ編みがツボでした。
部下が戦ってる最中、三つ編み編んでんなよっ(笑)!!
これが、微妙に可愛いさを醸し出してるのもまた(笑)。

その上、アクションシーン、攻撃方法とかとんでもないのに(股間でアタックとかするし)、
かっこいいんですよっ!
動いてるシーンもいいんですが、静と動の対比も素晴らしく、立ちポーズや、
ほんのちょっとした動きに「変態性」がでていて素敵っ!!

予算なのがわかるけど、ちゃんと効果が発揮されてる特殊効果もいいっ!
最近の、CGや特殊効果を使ったけど、チープさだけが全開!って感じじゃなく、
チープなことをちゃんと考えて使われてるというか。

ちょっと展開がたるいかなぁってところもあるんだけど、すっごく楽しかったっ!
「どうしようもないことに全力投球」って、素晴らしいねヽ(^o^)丿!

下ネタ満載な映画なので、観る人を選ぶとは思うけど、
「変態仮面」が実写映画化!
ってことに、驚きと感動を覚えた方は、ぜひ一度観て下さい(^-^)ノ♪

2作目、劇場で観ようかなぁ・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。