So-net無料ブログ作成
映画:SF・アクション ブログトップ
- | 次の30件

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [映画:SF・アクション]

こちらも、息子と一緒に行ってきた。

怖がりなので大丈夫かなぁと思っていたが、途中怖い~!と言うシーンもあったが、ドタバタ喜劇シーンも多かったので、そこそこ楽しかった模様。

でも、映画のチケット買った直後「「スーパーマンリターンズ」が見たい」と言われた時は、かなり愕然としたけど(^^;)。

息子は楽しんでいたが、私の方は、イマイチだった(-_-;)。

かなり早い段階で飽きてしまい、それでも、きっとこれから・・きっとこれから面白く・・・と期待しつつ最後まで行ってしまった感じ。

確かに見せ場も多いし、クラーケンの触手などのCGも素晴らしかったのだが、見せ場と見せ場をつなぐストーリーが弱い。

遊園地のアトラクションを巡っているという感じかな?アトラクションとアトラクションをつなぐ部分(ストーリー)が希薄なのだ。

伏線かと思えば、全く関係が無かったり、見せ場の為にストーリーが犠牲にされたり。延々と続く水車の上のチャンバラなどは特にその感じを受けた。こんな状態で、チャンバラしてる場合かーーーーーと心の中で叫んでしまった。

部分的にはいいなぁと思うシーンもあったのだが、見せ場重視のせいか、緊迫感に欠け、全体的に散漫な感じに。

それに、船って、船員達全員でまとまって動かすイメージが強いのに、メインのキャラクター以外はどんどん死んで、使い捨て状態でどんどん入れ替わっていくのが、納得できなかった。

そして、一番の衝撃は、前後編の前編だった事。

それを知っていれば行かなかったかもしれない・・・後でまとめてビデオで見た気がするよ。

 


「ザ・コア」 監督:ジョン・アミエル [映画:SF・アクション]

ザ・コア

ザ・コア

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2004/11/25
  • メディア: DVD

点数:6点

 

最近読んだ本の感想を書く気力が沸かなくてずっとサボリ気味だったので、映画の感想を書いてお茶を濁そうかと(^^;)。

見たのは「ザ・コア」。地球の核「コア」の回転が停止した事により、世界中で異常現象が頻発。コアの停止は地球を太陽風などから守る電磁波を消失させ、人類滅亡まで後1年という。そこで、コアを再び回転させる為、地球の内部深く、コアに侵入するという計画が立てられる。

科学考証メチャクチャです。とにかくそれを気にしていたら見られません。どこをとっても設定がウソっぽい。突込みどころ満載。ウソを本物っぽく見せる映像の迫力も無し。映画の大半を使っている地底のシーンも安っぽい。トンデモ映画の香りもちょっとしたりします。

こう書くと、駄作!!と思われちゃうかもしれないけど、この映画、「宇宙戦艦ヤマト」だと思って見ると、なかなか楽しく見られます。

地球を救う為にヤマトはイスカンダルに旅立ちましたが、この作品に出てくる地底探査線船「バージル」は、地球を救う為にコアに向かって旅立つ!!そこには見たことも無い世界と、(かなりご都合主義ではあるが)感動的なドラマが!!!

この手の突っ込み所満載映画は、自分の個人的感覚で「許せる」「許せない」というのがあるのだけど、この映画は許せてしまいました。

という事で、科学考証は全く考えず見ると、それなりに面白い。登場人物はなかなかいい味出してるし、パニック映画の王道を行くストーリー展開は安心して見られ、変に凝ってない無い分、のほほーーんと楽しめました。

映画館で見たら怒ったと思うけど、レンタルビデオでならOKという感じ。

あっ、この映画のヒロインを演じているのは、最近「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー主演女優賞を獲得したヒラリー・スワンクです(「ボーイズ・ドント・クライ」でも受賞)。「ミリオンダラー・ベイビー」はまだ見ていないけど、見たい映画ではあります。

- | 次の30件 映画:SF・アクション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。