So-net無料ブログ作成

「ダイエットがやめられない-日本人のカラダを追跡する」 [本:ダイエット・掃除・クッキング]

ダイエットがやめられない―日本人のカラダを追跡する

ダイエットがやめられない―日本人のカラダを追跡する

  • 作者: 片野 ゆか
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本

7.5点

現在の私のマイブーム「ダイエット」。
まぁ「ダイエット」してるからというのもあるんだけど、 ダイエットするからにはちゃんと調べたいと思って、本を探してもなかなか読みたいのが無い。
 
ダイエットの本はいっぱい出ているけど、ほとんどが「どうやって痩せるか」のHow toもので、本でお勧めしている方法に都合の良いデータや情報しか載っていなかったり、内容的に胡散臭いとしか思えないものが多かったり(-_-;)。
「○○で痩せる」って方法が絶対なら、肥満で悩む人はいなくなるよなぁと思っちゃうので、「簡単に痩せられる」っていうようなキャッチの本はまず読む気がしない。
その時は、痩せられても、多くはリバウンドの危険をはらんでいるものだったりするし。
 
ダイエットの成功者は少ないデータだと5%、多いデータだと30%ぐらい、ところがこれを3年から5年維持できているのは、成功者の中のほんの一握りというデータが多い。
ダイエットするより維持する方が何倍も難しいし、リバウンドは、太ったままでいるより何倍も健康に悪い。
体型もどんどん崩れる。
 
という事で、読みたいダイエット関連本が無いなぁと思っていた時、見つけたのがこの本。
タイトルから現在の「日本人総ダイエット状態」を鋭く切る本かと思って読んだのだけどちょっと違った。
 
著者自身もダイエットを何度か試みており、「どうして挫折するのか?」「もっとラクできないのか?」などを、著者の体験や統計を元に論じる本だった。
「まだデータが足りないのでは?」「その推論はどうかな?」と思う部分も多かったけど、それでもこういう風にダイエットを肯定的に、そして全体的に捉えて論じている本というのは少ないので、それだけでも価値がある本だと思う。
 
本の前半は、日本人の体型や、マネキンのサイズの変化から推測したり、いつ頃から「痩身」が意識されるようになったかの調査、現代の女性が求める理想の体など、日本におけるダイエットの歴史や意識の変化を追っている。
現在の20代前後の女性の痩せの割合の多さにびっくり。また40代に入ると、肥満の割合がグンと増えていくのも興味深かった。その辺りの理由は、もう少し突っ込んで調べて欲しかったなぁというのが正直な感想。簡単な推論だけで終わってしまっている。
 
「どうして挫折するのか」の章にはいろいろ興味深いことが書いてあった。
満腹中枢と関係があるレプチンや、肥満と遺伝子の関係についての解説など科学的な説明があったり、それだけでは納得できない太る理由についての言及や、考え方をかえるダイエット法や、体重計に乗らないダイエット法など、何種類かのダイエットが紹介されている。
 
体重計に乗らないダイエットは、体型重視のダイエットだという。
食事制限などで体重を急激に落とすと筋肉が落ちて、「痩せる」ではなく、「やつれる」になってしまうという事を指摘し、「見た目に変化がほとんど無い痩せ方をして、後二キロ後二キロというのは自己満足の世界だ」と厳しい。
体重に惑わされず、自分の体型を把握し、エクササイズにより引き締めていくのがいいという。
著者は、この方法を提唱するトレーナーの指導の元、チャレンジするのだけど、挫折している。
その理由についての言及は、同感できるものだった。
 
他に、この章で面白かったのは、低炭水化物・高たんぱく質・・・その他、とにかく食事制限をして体重を一気に落とすダイエットは、体重を増やすのにとても効果的だという話である。
 
よく、無理な食事制限をするとリバウンドしやすい、という話は聞くけど、それを実際に「太れなくて悩んでいる人達」に実践させたら、みんなどんどん太ったというのだ(^^;)。
 
方法は、簡単。数日間、食事制限をさせて体重を落とさせる、その後前の食事に戻す、それだけで以前の数値より体重が増えるというのだ。
この試みがほんとうなら、即効性のある食事制限ダイエットをやっている人達は、太る為に頑張っているということになる。
 
ただ、ダイエットの難しいところは、上記のようなダイエットをして成功する人もいるという事である。リバウンドする確率がどれだけ高くても、成功者がいればトライする人は多いのだ。
極端な食事制限ダイエットは「痩せ過ぎで悩む人のための増量プログラムとして効果的」というのを目の当たりにして、著者自身もショックを受けていたが、この事を多くの人が知ったら、無理な食事制限をする人も減るんじゃないかなぁと思った。
 
「もっとラクできないのか?」「手術はてっとりばやいのか?」の章では、痩せる薬、サプリメント、手術など、ダイエットをしている人には気になる情報について取材している。これに関しては、もう少しいろいろな情報が欲しかったなぁとも思ったけど、それでも手術に関しての取材などは、面白く読めた。
 
ダイエットをしている人、これからやろうと思っている人には、参考になる本だと思う。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

コステロ

私も現在ダイエット中、(と言うよりも減量中)なので、
ナカナカに興味がありますが、
こういった本の多くは女性向けなんですよね。

女性と男性とでは、違ってくる部分も多くあるでしょうし、
かと言って男性向けの本ですと、
最終目標は「やせる」ではなく「マッチョになる」だったりしますし(笑
by コステロ (2007-12-20 10:50) 

choko

コステロさん

「ダイエット」本というと女性向けって感じですよね。

確かに男性向けは「筋トレ」メインな気が(笑)。
「ビリーザブートキャンプ」(私もやってますが)が受けたのも、男性でもできるエクササイズDVDだったからかもしれません(他のDVDの多くは明らかに女性向けですし)。

この本も、女性に関する事がメインでしたが、ちょっと男性のことにも触れられていました。
女性が、標準や痩せなのに「自分は太っている」と認識している人が多いのに比べ、中年男性は、明らかに肥満なのに「標準」と認識している人が多いとか。
中年ぐらいになると、体格がよい人が増えて、それが「普通」になっちゃうからでしょうかね?(^_^;)
by choko (2007-12-21 20:06) 

コステロ

>中年男性は、明らかに肥満なのに「標準」と認識している人が多いとか。

うはッ!耳が痛い!(笑
by コステロ (2007-12-22 10:29) 

choko

いえいえ、コステロさんは、減量中とのことなので、自分の事はちゃんと客観的に見ていらっしゃると思いますよ~(^^)。

それにズバリ当てはまるのは家の主人です。
以前、服を買う時、サイズアップしてて愕然としてました(^^;)。
by choko (2007-12-23 03:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。